読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「バイオハザード・ザ・ファイナル」

一作目からの理由付けを駆け足で楽しく見せてくれる。

大量の敵と戦うのと、

つよーい的と戦う

広告を非表示にする

なるとの視聴メモ

554-

 

 

アニメオリジナル話数

疾風伝
・277話〜291話(守護忍十二士の章)
・310話〜332話(三尾出現の章)
・364話〜371話(六尾発動の章)
・390話「大冒険!四代目の遺産を探せ・前編」
・391話「大冒険!四代目の遺産を探せ・後編」
・396話〜416話(過去篇 〜木ノ葉の軌跡〜)
・443話〜462話(船上のパラダイスライフ)
・477話〜480話
・491話「ROAD TO SAKURA」
・499話〜501話
・504話〜509話
・510話〜515話(力-Chikara-)
・523話〜540話
・547話「九尾」
・567話「忍び寄る影」
・568話「新生・"暁"」
・569話〜581話(カカシ暗部篇 〜闇を生きる忍〜)
・596話「九尾強奪指令」
・597話「ナルト対メカナルト」
・609話「憧れの姉さま」
・610話「ハナビの決意」
・614話〜633話(ナルトの背中 〜仲間の軌跡〜)
・636 話「結成・ミナト班」
・642話、643話「ナルトのライバル 〜受け継がれるもの〜」
・647話〜651話
・652話〜670話(自来也忍法帳 〜ナルト豪傑物語〜)
・671話〜677話(イタチ真伝篇 ~光と闇~)
・680話、681話
・684話〜688話
・689話

広告を非表示にする

「ストーカー」(DVD)

アンドレイ・タルコフスキー監督

 

隕石が落ちた町はゾーンと呼ばれ、入ったものは二度と帰らぬ恐怖の場所となった。

そのゾーンを案内できる男は、教授と物書きを連れてゾーンに入る。

 

なんじゃこりゃーーー久々にタルちゃんのわけわからなさを体験した。懐かしい。。

広告を非表示にする

紅白で良かったものめも

椎名林檎 歌と映像演出
土屋太風 ゴーひろみとのダン
島津亜矢の歌
星野源て良い声
高橋真梨子「ごめんね・・・」

広告を非表示にする

『作品を作っている』という考え方はやめる。

 

父がカメラの充電池をネットで探したら見つかったから買ってみると言っていた。ネットショッピングに抵抗が無くなった感じかなぁ。

広告を非表示にする

その蛇は最初は小さく見えてて、僕は大きな鋏を持って真っ二つにしようと構えている。だけど目の前に来ると巨大になっていき斬りつけても傷が付くだけで止まるようすは無く、僕は逃げようとするも、やがて噛まれた。


目が覚めると、あまりに早い心臓の鼓動が聞こえた。

広告を非表示にする

ラックスのCMにスカーレット・ヨハンソンが出てるのが違和感。

いままでのように美人じゃないよな。。。

でもあれで女性が魅力的なシャンプーに見えればOKだもんな。どう見えてるんだろう。

 

広告を非表示にする

「聖の青春」

ちょっとわちゃわちゃしてる印象もあるけど、けっこう良かったなぁ。

広告を非表示にする

「この世界の片隅に」

あー良い映画だった。

キャラクターが生きてる。主人公の前に旦那が現れるたびにホッとする。

家族は優しい。苦悩もすれど、優しい笑顔が描かれている。

広告を非表示にする

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」

トム・クルーズ主演

 

ジャック・リーチャーに娘が!?とてんやわんや。

広告を非表示にする

「ted」(DVD)

熊さんが喋る。下ネタだらけ。

そして友情。友情と恋愛の間で揺れる主人公。

 

あんまり笑えない。

広告を非表示にする

「デスノート Light up the NEW world」

やーなんかテンポ良くて面白かった。

 

人ごみに押されて前に進めない~ってのは萎える。

最後の15分間くらい(?)はいまいち、あの脇役の一展開はおかしいから無くていんじゃないかなぁ。

でも途中まで十分楽しいから全然悪くない。

広告を非表示にする

「パルプ・フィクション」(BD)

クエンティン・タランティーノ脚本監督
ジョン・トラボルタ主演

やくざの殺し屋二人
やくざのボスとその妻
プロボクサーとその恋人
釜掘り警察官とショップ店員

広告を非表示にする