「世界銀行 その隠されたアジェンダ」

(著)エリック・トゥーサン
(フランス語原題) The World Bank : A never ending coup d'etat. The hidden agenda of the Washington Consensus


日本は世界銀行内で米国に次ぐ決定権(9%余の投票権)を有する。

(「ショックドクトリン」((著)ナオミ・クライン)がそうだけど、日本に都合の悪い海外の本は、翻訳されるのが遅いらしい(・・・ほんとか?)。この本もまたキーワードは新自由主義
財政危機に陥った国が世銀の融資を受けるとその国で何が起こるのか、なぜ彼等は世銀の手から離れようと努力するようになるのか。)

広告を非表示にする