『愛と暴力の戦後とその後』(本)

(著)赤坂真理

帯の見出し
“なぜ私たちは こんなに歴史と切れているのか?”

内容はこれに即して、それを著者が探し考察していく。

同じことを知りたがり、探している人の本がなぜか、同じタイミングで発売された。僕の欲求は大きな波が導いてるんだろうな。
自分の感じ方、意思、それを形成してくれたやこの国・人に対する違和感のもとを探している本。

広告を非表示にする