読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見た目は粘土のようで柔らかそうでも、触ってみるとすげぇ硬くて、、、自分の頭ん中。

 

長く独りを求めているとやがて森が見えてくる。その森には季節があって、森を抜けるとそこが日本だと気付く。ちょっと長めに人間といると森が見えなくなる。

文化が作られることと人間一人の精神や自我が作られることって似てるんだろうな、知らんけど。

 

空間を拡大すること意外の人間の生きる道はどう考えればいいんだ?

 

欲しいものを探せば山ほど見つかるだろう。けど恐らく、手に入れればいらなくなるものばかり。

 

「じいさんは体が悪うて行かれんかった」

「男は生まれてもみんな死んでまって」

「父さんおぶってせい出いて働いてな、大変だっただよ」

「今はええ、今はええ」

「家が一番ええ」

婆さんの言ったこと。前は“婆ちゃん”だったんだけどな、僕があかんな。

 

ワロタ(゚∀゚)人生ってゲームと同じだから死んでもやりなおしできるじゃんwww

広告を非表示にする