同じ人間じゃないか!

そうか同じだったのか知らんかった!

ガビーン!

 

私生活で不満な部分があって、その一般的な尺度をインターネットで検索して、それに近づけるように自身を変化させたがる。そのくせ人と違うアイデンテテーやらオリジナリテーも欲しがる。それでいい。機械じゃねぇんだ。

 

はーテレビもねぇ、車もねぇ、人もいねぇ、何にもねぇ、頭いてぇ、はいはいはい、インターネットは通じてる。

 

彼は役割を演じるのが嫌だと言った。けれど、きっと演じることができないんだろうと思う。素直でないわけじゃない。彼にはできない。昨日はそう思った。

生きる間に重ね重ねた殻が硬くなり過ぎた。冷蔵庫みたいに外から開けられる扉あればいいけど。開けたら死んじゃうかもしれない。今日はそう思う。

一日だけ時間をおければ人を責めてしまう前に、考えようとせずとも考える時間が取れる、少し理解が深まる。

 

広告を非表示にする