読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~」

読んだ本

日本政府は被曝許容量を年間1ミリシーベルトから20ミリシーベルトへと引き上げた。生涯に20ミリシーベルト以上被曝した6人に1人に、ガンがひとつ発生するだろう(核資料情報サービスおよび社会的責任を果たすための医師団 によると)

 

ユーリ・バンダジェフスキー博士「放射性セシウムと心臓」

http://fukushimavoice.blogspot.jp/2013/02/test.html

 

各国政府、国際原子力機関(IAEA)、世界保健機関(WHO)、国際放射線防護委員会(ICRP)、国際開発計画(UNDP)の虚偽報告

 

原子力発電所は電気を作るために発明されたものではなく、核兵器に用いられるプルトニウムを製造するために設計された。燃料にウラニウムを使うすべての1000メガワット級の商業用原子力発電所は、毎年約40個の核兵器が作れる十分な量のプルトニウムを生み出している。

広告を非表示にする