「野火」

(バレバレ) だけどこの映画はバレバレでも問題無さそう。

戦争映画
主人公は物書き
人がたくさん死ぬ
戦地の住人の一部はゲリラになっている
足と意地の悪い中年男性と泣き虫少年
死体にはウジが沸き、顔が欠落し、脳が飛び出、腕や脚は千切れ飛ぶ、
やがて人を食らい始める。
異常さが伝わってくる

効果だとしても画面が揺れて見にくい。
こういう表現はよくあるけど、最近作り直されたこの映画について考えてみると、日本兵の置かれた極限状態を表現するだけでいいんだろか?日本に比べれば余裕のあるアメリカさんとの対比を描いた方がいいんじゃないか?説明がほぼ無いし、これじゃただの似非ホラーかもしれん。

広告を非表示にする