「日本のいちばん長い日(2015)」

ん、タイミングは早くて良い。

内容は、
阿南陸相と鈴木首相、それに昭和天皇三者の関係がより深く描かれていたり、海軍での動きが少しハッキリされてたり、見やすかった。
反乱分子が決起してからはよく分からなくなった。玉音放送のレコード収録が前触れも無く坦々と描かれて、それを探す兵士達が何をしているのかいまいち分からなかった。
日にちや時間の飛ばし方も、同じ日に起きているはずなのに別の日に見えて混乱する。

広告を非表示にする