先輩が「私はそういうこと気にしないから」という

でもあの会話の場合、先輩自身はそれを気にする人であっても、先輩自身の願望がそれを気にしない人でありたいということであって、その願望が言葉になっている。

私はこういう人間だ、と自分自身で語るときは願望や希望である場合が多い。彼等は自分のことが見えているのか。

 

以前、社内でやっと好きな人ができそうだったとき、その女性は会社の先輩の恋人であったらしく散々好き勝手な噂を立てられたり、その先輩の周囲の人間に目の仇にされたりした。

しばらくして女性は先輩と別れた。先輩の周囲にいた男性社員から僕への風当たりが強くなったので、会社にいられなくなると困るから女性との関係を進めるのを止めた。何もしない僕に今度は関係無い女性社員から小言を言われるようになった。

彼女は僕に誘われるのを待っていた様子だった。でも僕は話しかけることも止めた。彼女と通じてて一緒に飲める数少ない先輩が僕に告白しろとけしかけることが続いたけど無視した。最近やっと彼女の気配が会社の人達から消えた。

 

そうだ、馬鹿っぽいことが分かったけど、ヤりまくりたい普通の男性達は女性に声をかけない僕に腹が立つらしい。

広告を非表示にする