「怒り」

宮崎あおいのエピソードはいつ自分に起きてもおかしくない怖さからか、特に伝わってきて良かった。

どうしようも無い事への苦悩、社会の負の部分に傷つく者と、それを人と共に乗り越えて癒されようとする者を同時に描いていく。

今の映画

広告を非表示にする