その蛇は最初は小さく見えてて、僕は大きな鋏を持って真っ二つにしようと構えている。だけど目の前に来ると巨大になっていき斬りつけても傷が付くだけで止まるようすは無く、僕は逃げようとするも、やがて噛まれた。


目が覚めると、あまりに早い心臓の鼓動が聞こえた。

広告を非表示にする